札幌 自律神経 「ホメオスタシス」

2020/02/05 ブログ

札幌で自律神経の調整を得意とする治療院、にしかわ鍼灸治療院です。

 

当院は、オステオパシーとはりきゅうを用いた治療をします。もちろん鍼は怖いという方には無理やりしません。

 

 

 

 

「ホメオスタシス」

 

 

 

 

と突然言われてもなんのことやら?って思いますよね。

 

 

 

一言で説明すると。

 

 

「一定にする力」

「無意識にカラダをコントロールしているもの」

 

 

 

 

です。これ、

 

 

 

は?

 

 

 

 

って思う方いると思うので、噛み砕いて説明して行きますね。

 

 

 

ホメオスタシスというものは、カラダの中の様々なことに関わってくれているんです。

 

 

 

カラダや脳に栄養が不足する

 

 

脳がカラダにサインをだす(お腹空いた、喉乾いた)

 

 

食べ物飲み物が口に入り消化酵素を出す

 

 

胃や腸での蠕動運動が行われる(消化吸収など)

 

 

心臓などの臓器によって全身に栄養が行き渡る

 

 

カラダにとって不必要なものは汗や尿として排泄

 

 

 

 

上記の流れをカラダは無意識のうちにコントロールしている。ということになります。

 

 

これがカラダの中で起こる

 

 

 

 

「ホメオスタシス」というものです。

 

 

 

 

逆をいうと、ホメオスタシスは【変化】を嫌うということになります。

 

 

 

 

例えば治療によって

 

 

 

前方重心だった方が

 

 

 

後方重心に変化する。

 

 

 

 

 

結果、ホメオスタシスによってカラダが変化することを【危険】と思うわけなんです。

 

 

 

重心の変化によってカラダが危ない!と思うわけなんです。

 

 

 

 

そう。頭はカラダの重心が変わることを危険と思うわけなんです。

 

 

 

そう!だからこそ始めのうちは定期的なメンテナンスをすることによって頭をごまかしながら、重心を変えることによって、より良い姿勢、重心にしていくことが大切になります。